facebook twitter youtube
Java Android Firefox OS PHP JavaScript MySQL Perl node.js HTML iOS
in C# - 23 2月, 2019
by kasa - no comments
[WPF] Buttonの処理を一箇所にまとめる 

ボタンの処理を一つの関数にまとめるサンプルをメモ。

 

●Sample.xaml の記述例

Tagプロパティを使ってボタンにタグをつけます。

Clickプロパティは、ボタンが押された時に動作する関数を指定します。
 

<Button

Tag="AAA"

Click="Button_Click"/>

<Button

Tag="BBB"

Click="Button_Click"/>

<Button

Tag="CCC"

Click="Button_Click"/>

<Button

Tag="DDD"

Click="Button_Click"/>

 

●Sample.xaml.cs の記述例

private void Button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{

//どのボタンが押されたのかを取得 Button button = (Button)sender;

//ボタンに設定したタグによって処理を変える

switch (button.Tag.ToString()) { case "AAA":

//処理をかく break;

case "BBB":

//処理をかく break;

case "CCC":

//処理をかく break;

default:

//どのタグにも当てはまらないボタンだった場合の処理をかく

//今回の場合は、タグDDDのボタンがこの処理を実行する break;

}

}

コメントを残す