facebook twitter youtube
Java Android Firefox OS PHP JavaScript MySQL Perl node.js HTML iOS
in Google - 19 9月, 2017
by Hori - no comments
GoogleDriveAPIによるドライブ内のファイル取得

こんにちは、horiです。

今回はGoogleDriveAPIによるファイル取得について紹介します。

まず初めに、GoogleDriveAPIとは何かを簡単に説明すると

Googleから提供されているGoogleドライブに対して操作を行うことが可能なAPIです。

今回は数多くの機能の中から対象のファイルを取得する機能について紹介します。

まずAPIを使う準備ですが、これは前回投稿した「Google Sheets APIを利用したスプレッドシートの内容取得方法」の【Google Sheets APIを利用するための手順】に記載した認証情報とブラウザ側、ウェブサーバー側のリクエスト用URIの設定と同じであるため割愛致します。

前回と同じくスコープを設定するのですが、今回使用するスコープは以下のものになります。

'scope': ['https://www.googleapis.com/auth/drive'],

次に取得するファイルのMIMEタイプを指定します。

MIMEタイプとはファイルの種別を判別するために用いられるものです。

このMIMEタイプを指定することでドライブ内に存在する様々な種別のファイルから

対象の種別のみを取得することが可能です。

今回はスプレッドシートのファイルを取得します。以下のようにMIMEタイプを指定します。

'mimeType=\'application/vnd.google-apps.spreadsheet\''

MIMEタイプを変更することでスプレッドシート以外でもファイルを取得することが可能です。

コメントを残す